日本から中国、人民元建て送金(中国銀行)の口座名義の注意点

日本から中国、人民元建て送金(中国銀行)の口座名義の注意点

中国銀行口座の名義は、姓名の順序が重要。

先日の中国銀行なら日本から人民元預金が増やせることが判明の記事の続きなのですが、日本から中国元建てで送金するときの条件として、「日本と中国の両方の銀行口座の名義が一致していないとダメ」というのがありました。

で、日本で、中国銀行東京支店に問合せたときは、その名義の一致に関して、

●名義は漢字で同じじゃないとダメ
●姓名の順序が同じじゃないとダメ
●全く同じじゃないとダメ

という回答だったんです。ところが、私の上海の中国銀行口座の名義は、ローマ字。なので、次に上海に行ったときには、口座名義を漢字に変えてもらうか、新しい口座を作るか、をしようと思っていました。

で、今、私、上海におります。昨日、中国銀行でトライしてきました。その結果は、というと、外国人の口座名義は、ローマ字でしかできませんという回答でした(涙)。なんじゃそりゃ、中国銀行!どうなってんねんっ!という結末。じゃあ、結局、日本から中国元預金を増やせへんやんけ!と憤っておりました。が、まあ、ちょっと気を取り直して、今度は、地元、中国銀行名古屋支店に、上海から電話してみました。すると、

●口座名義は漢字じゃなくていいです。どうせ海外送金のときはアルファベットだから。
●でも姓名の順番だけ注意してください。逆になっていると送金が返ってきちゃいます。

とのこと(苦笑)。

でもね、ここまで来ると、私も、そのまま鵜呑みにできません。電話口で、「ほんとに、この方法で日本から中国元建て送金した人、いるんですか?」と尋ねると、「います。たくさんではないですが、この元建て送金を利用されている方は、いらっしゃいますよ」と自信たっぷりの回答。

じゃあ、まあ、信用して、帰国して試してみることにしますか。これで、送金できなかったら、ほんっと笑いますよね(苦笑)。

【補足】
姓名の間のスペースはどうなのか?と気になったので尋ねてみたところ、「姓名の間のスペース自体は、そんなに重要ではありません。中国では、パスポートを元に作るので、大体スペースを入れると思いますし、日本から送金するときも、スペースは入れるので。」という回答でした。私、たしか、中国工商銀行でスペースなしの名義の銀行口座を作られた覚えがあるのですが、中国銀行は大丈夫みたいですね。

【さらに補足】
最近は、(中国のほうの)中国銀行では、通帳の追加発行を受け付けてないんだそうです(中国銀行名古屋支店の人談)。ですから、自分の口座名義の確認は、ネットバンキングで行うか、窓口に行くしかないようです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«